記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    るーちゃんの事 ~投薬(メガバク)6週目 後編 鳥結核の疑い~

    ’15.06.20 (生後約12週目)

    病院です。

    いままでと、ちがった一週間でした。
    そして、病院の待合も、いつもとちがって見えました。待合には3人のぴよちゃんがいて、キャリーがバックから出ている子もいました。
    いろんな気持ちでみんなまってるんだなぁ。 いつもは、だれかが、鳴いて、るーちゃんとお話ししてくれたりすると、うれしくなっていましたが、今日ばかりは、みんなお願いだから鳴かないでねって気持ちでいっぱい。人への感染は症例がなくても、やはり、鳥同志は何がおこるかわからないし、るーちゃんが突然くしゃみするかもしれないし、なにやら、居心地の悪いものでした。

    るーちゃんの番がまわってきました。

    先生の顔を見たとたん、いろんなものが体からふきだしそうでした。 

     先生!先生が怖いこというから、今日、ここにこれるかすごく不安だったんですよぉ。
     でも、先生が、はっきりした病名を伝えるってことは、可能性が大分高いということなんですよね。
     あれこれあれこれ…… やっぱり、ふきだす。 ごめん、先生。

    先生は鳥結核の検査は、受けても受けなくてもいいとおっしゃっていました。
    確かに、治療法がきちんとできているわけでもないし、特効薬があるわけでもないし、効くかもしれない抗生物質を何種類かためしていく感じだったと思います。検査をして、繰り返す。でも、耐性がすぐできてしまうと。そして、発症すると先が長くない。

    るーちゃんは、たまたま、早く気づいていしまっただけなんだろうな。症状がきちんと出てしまって。
    気づかないうちに、落鳥してしまう子達もきっとたくさんいるのだろう。
    この一週間でいろいろ調べた中で、鳥結核は検査をうけて、鳥結核の治療をうけないから、こわい病気のままだと言ってる方がいらっしゃいました。なるほど、そうかもしれない。 でも、治療をすれば、治る? 治らないかもしれないけど、症例にはなる。

    あたまのなかは、ぐるぐるぐる。

    でも、検査はするって、決めていたから。 お願いします。 
    日別になって保冷剤にくるんできた、大量なうんぴくんを、先生に 渡した。

    本来、今日はメガバク最後の糞検査だった。
    先生も、そだそだ、糞検査。 ふふふ。
    るーちゃんは、緊張してる感もなく、プリ、プリとフレッシュな糞をしてくれています。

    メガバクテリアはいませんでした。 やったよ。 るーちゃん、がんばった。

    そして、肝臓検査の結果。

    実際数字で見るのは怖かったです。だいぶ悪いといわれていたので。
    月齢2か月でこの数値、ASTが参考値の10倍 BAもビョーンと  どーーやったら、こうなっちゃうの?

    レントゲンお願いします。
    るーちゃんの負担のほどを先生に確認して、レントゲンをとってもらうことにしました。
    先生はたぶん、どんな風になっているのか、わかっていたのかもしれません。

    レントゲン写真は、数字をそのままヴィジュアル化した様子でした。
    心臓と肝臓の間のくびれがまったくなく、下の胃がおされて、ぽっこりに。
    あんなに、毎日おいしそうに食べていたのに。 気持ち悪くなかったのかな? こんな状態で? 
    鳥さんの強さを思い知ります。

    気持ちが、なぜだかしゃきっとしてきました。 さぁ、治していこうと。

    先生とおくすりの話です。
    先生は、疑いがある以上、鳥結核の治療を始めた方がいいと提案されました。
    守備範囲がひろい抗生物質クラリスロマイシンから始めましょうと。(わーーーにがいやつ)

    鳥結核の治療を始める覚悟できているのに、あの、肝臓をみたら、どーーしても、このタイミングで、抗生物質をのみたくない。
    一番最初の症状の下痢がでたのも、抗生物質のんだあとだもんなぁ

    鳥結核とわかるまでは、肝臓の治療に専念するのはだめですか? と思わず言ってしまいました。

    あの時の抗生物質とちがうし、手遅れになってしまわないように。 と先生。
    私が、それでも渋るので、抗生物質だけ混合しないで、別分包しましょう。もし、下痢になるようでしたら、すぐに、やめてもいいです。

    先生、あったまいい!! そして意見してごめんなさい。
    気温が上がってきてお水が心配だったので、途中で新しく替えられるように50CCに溶けるよう倍量でおねがいしました。
    (お会計は 糞検査、レントゲン、遺伝子検査 お薬2種8日分で15000円ぐらいでした。)


    るーちゃん。大丈夫だよ。

    ずーーっと、一緒だよ。

    ずーーっと大好きだよ。

    さぁ、帰っていいっぱいあそぼう。



    にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    管理人ココ

    Author:管理人ココ
    管理人のココです。
    生後3か月を迎えることなく虹の橋に飛んで行ってしまったセキセイインコの「るーちゃん」。空っぽの時間を埋めるべく、突然ブログをたちあげました。おそとから見てくれている、るーちゃんと一緒にその後お迎えした2匹のマメルリハ「マルコ♂とプップ♀」のブログをかいてみます。
    るーちゃんの事を知りたい人ははカテゴリの≪るーちゃんの事≫をのぞいてみてください。

    プロフィールは最愛のるーちゃんです。

    Luke.skywalk.K <るーちゃん>
    セキセイインコホワイトハルクイン
    15/03/30 ~ 15/06/23

    にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
    にほんブログ村

    アルバム

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    counter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。